YouTuber集めてみました!

子供の将来なりたい職業ランキング上位になるほど人気のYouTuber!そんな憧れのYouTuberを紹介していきます。

社会現象にもなっているYouTuber界、将来なりたい人の為にもYouTuber事務所の紹介!


スポンサーリンク

 f:id:ckboffice:20171231221725p:image

今や小学生の将来なりたい職業ランキングTOP3にランクインするほど注目され大人気のYouTuber。

「好きなことで生きていく」というYouTuberのコンセプトが現時代の若者にマッチしているからなのか?!

Top YouTuberが多くの収入を得ていることに憧れを持ち、自分も得たいと思うからなのか?!

はたまた、見ていて楽しそうだから、自分もやってみたい!と考えたからなのか?!

とにかく小学生にとどまらず、小さい子供が「YouTuberごっこ」をしたり、幼稚園や保育園で好きなYouTuberの話で盛り上がるほどです。

 

まだYouTuberという職業が日本では知名度が低いころ、ほとんどのYouTuber(今ベテランTop YouTuberで活躍している人)は個人で動画を上げて、収入を得るためとしてではなく、あくまで自分の楽しみとしてしていた人が多いようです。

 

今ではただ楽しむだけで動画を公開しているのではなく、事務所に所属し芸能人と同じ扱いをされるようになりました。

もちろん、フリーとして活躍されている人も多くいます。

 

ここではYouTuber事務所を紹介していきます。

 

 

 

MCN、事務所、フリーの違いってなに?! 

MCN(マルチチャンネルネットワーク) 

芸能事務所や広告代理店などがYouTubeのチャンネルをグループ化しているのが

『マルチチャンネルネットワーク』通称『MCN』

所属することで、YouTubeに上げた動画の広告収入の何%かをMCNに支払う

          ↓

BGMなどに使う音楽や動画に使用する素材を無料提供してもらえる。

企業タイアップの作成依頼を紹介してもらえる。

 

MCNに所属するには、もちろん誰でも大丈夫なわけではなく、審査に通ったチャンネルが加入できるようです。

 

企業例、UUUMネットワーク・OMO(オモ)・The Online Creatorsなど

 

事務所

通称 YouTuber芸能プロダクション

       ↓

芸能人とほぼ同じ扱いになり、マネージャーもついてくれます。

MCNとの大きな違いは、YouTubeに上げた動画の広告収入を支払わなくてよい。

YouTuber1人1人にあったサポートを事務所がしてくれる。

事務所主催のイベントを始め、人気が上がると個人のイベントの開催やグッズ販売もできる。

企業タイアップのオファーを始め、メディア出演も受けれる。

 

事務所に所属できるのはほんの一握り。多くのチャンネル登録者数や視聴回数があるYouTuberしか入れないです。

 

企業例、UUUM・Next stage・GENESIS ONE・E‐DGEなど

 

フリーYouTuber 

MCNや事務所には所属せず、個人で活動しているYouTuberです。

YouTuberでは1番多いのではないでしょうか!?

MCNや事務所に入り待ちのYouTuberだけでなく、人気も知名度もあるけれど契約などにとらわれず、特別扱いされるのが嫌であえてフリーで活動している人もいます。

なかにはMCNや事務所に所属していたけれど、今や退社しフリーで個人事務所を設立しているYouTuberもいます。

 

主な事務所の紹介 

UUUM(ウーム) 

UUUM(ウーム)

主な所属YouTuber

HIKAKIN・SEIKIN・はじめしゃちょー・KAZU・東海オンエア・フィッシャーズ・瀬戸弘司・ジェットだいすけ・MASUO・まえちゃんねる・HIMAWARIちゃんねる・木下ゆうか・めぐみちゃんねる など

 

YouTuber最大手の事務所。

マザーズに上場したことでさらに知名度も上がり、YouTuber事務所の中でTOP規模。

事務所のコンセプトは、子供をターゲットにしているため、炎上系や過激系はほぼなく安心して楽しめる。

現在1600以上のチャンネルサポートや企業タイアップを紹介している。

ファンイベント「U‐FES」や握手会など、視聴者さんとの交流も積極的にしている。

最近ではメディア出演も以前より行っていて、YouTuber界全体を盛り上げている。

 

GENESIS ONE(ジェネシスワン) 

GENESIS ONE

主な所属YouTuber

ワタナベマホト・imiga・サグワ・タケヤキ翔 など

 

音楽系YouTuberが集まっているため、ライブ活動にも力を入れている。

特に人気のワタナベマホトと仲の良いYouTuberが多く所属している。

年会費4000円+入会費1000円で入れるファンクラブもあるとか…。

YouTuber事務所としては大きいのですが、以前所属していたYouTuber「PDR・東海オンエア・あやなん・へきトラハウス」が次々と退社し、視聴者さんからはあまり評判の良くない事務所です。

 

E‐DGE(エッジ) 

E-DGE | Make New Era of Influencer

主な所属YouTuber

明日香チャンネル・MEGWIN TV・デカキン・カネマン・ベイビーチャンネル など

 

提携しているYouTuber

てんちむ佐藤ノア・KUN・よきき など

 

BitStarが立ち上げたYouTuber事務所。

他の事務所とは違い、所属YouTuber+業務提携だけするYouTuberもいる。

 

BREAKER(ブレイカー) 

BREAKER INC. | 次世代メディア・エンターテインメント・カンパニー

主な所属YouTuber

劇団スカッシュ・全力ヒロシ・Ryuuu TV など

 

日本初の次世代メディア・エンターテイメント・カンパニーと名乗っている。

経営者の中にYouTubeJapanと立ち上げメンバーや大手プロダクション出身者やマーケティング出身の人が多くメディア業界とのつながりが近いようです。

YouTubeだけにとどまらず、音楽・映画など多方面にも支援している。

 

Kiii(キー) 

Kiii inc. Website

主な所属YouTuber

ブライアン・へきトラハウス・きまぐれクック・よさこいバンキッシュなど

 

2017年7月に設立された新しい事務所。

すでに人気YouTuberもいて、さらに期待大の事務所。

 

主なMCNの紹介 

UUUMネットワーク 

UUUM CREATOR PORTAL

UUUMとは違って、自分から応募し審査を受けて合格すれば所属できます。

審査基準はそれほど高くないらしく、動画本数や炎上系、過激系でなければほぼ合格できるとか…。

 

所属すると、何%かは支払わないといけないけれど、YouTubeチャンネルの運営方法や動画編集に関する知識を教えてもらえたり、BGMや素材などを提供してもらえたりするので、YouTuberとして頑張っていきたい人には最も良いサポート環境です。

 

ちなみに現在3000チャンネル以上が所属しているようです。

 

The Online Creators(ザ オンライン クリエイターズ) 

The Online Creators

株式会社クリーク・アンド・リバー社が運営している日本で最初のMCNです。所属することによって、動画での収益化に関するアドバイスや企業タイアップの紹介が受けれます。また、BGMや多言語化などのサポートも受けれます。

 

株式会社クリーク・アンド・リバー社は「EUREKA(エウレカ)」というYouTubeクリエイターのマッチングサービスの運営もしています。

お金を払って映像を作ってもらいたい会社や、企業と映像を作りたいクリエイターの橋渡しをするサービスで、多くのYouTuberが所属しています。

 

ガジェクリ(ガジェ通クリエイターネットワーク) 

ガジェット通信クリエイターネットワーク | ガジェット通信 GetNews

YouTubeのパートナーとしてゲーム実況動画に特化したMCN。

ゲーム実況者・YouTuberは顔出ししていない人が多数いて、所属YouTuberをあえて公開していません。

ゲーム実況で問題視されやすい著作権やゲームに関する仕事を紹介してもらえるため、ゲーム実況をやっていきたいYouTuberのためのMCNになります。

 

所属YouTuberは有名な人が多く

赤髮のとも・マックスむらい・ろあ・キヨ・レトルトなどではと言われています。

 

OmO(オモ) 

よしもとが運営するMCN『OmO (オモ) 』

吉本興業が運営しているMCNです。所属しているYouTuberは一般の人はほとんどいなくて、ほぼ吉本興業の芸人さんです。

YouTuber界では知名度は低く、活動は少なめです。

ちなみに主な所属YouTuberは

エグスプロージョン・エッグ矢沢・鈴川絢子など

 

その他事務所、MCN

・Next Stage(ネクストステージ)

・GROVE

・siLVer(シルヴァー)

などがあります。

 

まとめ 

YouTuberという1つの職業が注目され、それに並行してYouTuber事務所やMCNが増えてきています。

ネット業界は個人でフリーとしてするにはまだまだ危険があふれているため、所属することで身を守れて安心かもしれません。

もちろんYouTuberが増え、以前よりも収益に結び付きにくくなったり、簡単には所属できなくなってきているので、本気でやっていく気持ちは重要です。

 

各事務所、MCNはそれぞれタイプや特徴を持っているので、自分がどんなYouTuberとして活動していきたいかを決めて選んで、自分なりによく調べて本気で目指してみて下さいね。

ただ稼げるから!稼ぎたいから!では、きっと厳しい世界なのではないでしょうか。

そして「好きなことで生きていく」のコンセプトは、好き勝手するということではなく、どんなに大変でも好きだから、楽しいからやっているという気持ちが視聴者さんに伝わり、それが人気だったり収益に繋がるのではないでしょうか。